ガジェッto cool!

ガジェット好きのぼくの日記

omaker m6 bluetoothスピーカーが来た!

f:id:tomism126:20170416231815j:plain

だいぶ前から迷っていたBluetoothスピーカー選び。 色々迷った末に・・・・

omaker m6 bluetoothスピーカーを購入しました!!!

まだ少ししか使っていませんが、買ってよかったと思える音が聞けています。

omaker m6 bluetoothスピーカーの特徴

今回、omaker m6に決めた大きな理由としては

1.TWS機能対応(True Wireless Stereo)

このスピーカーの目玉機能と言ってもいいと思います。 1台でも普通に使えますが、2台購入すると2台同時ペアリング出来て ステレオサウンドで音楽を楽しむことが出来るのです。

2.IPX5の防水機能

ぼくは、基本的に毎日湯船をためてお風呂に浸かるんですが、 このスピーカーは防水対応なので、お風呂場に持ち込んで 音楽を楽しみながらゆっくりとお風呂に浸かることが出来ます!

3.12時間連続再生

Bluetooth対応で、コード類がないのは良いんですが、充電がすぐに切れるようであれば 意味がありません。このスピーカーは12時間連続再生なので一回充電すれば長い時間充電しないで 使用することができます。

4.20m通信距離

今住んでいるのはワンルームタイプのマンションなので どこに行っても通信距離は問題ありませんが、外に持ち運んだりして スマホから音楽を飛ばしたりする時は、20メートルの通信距離は助かりますね!

5.1台3,980円 2台同時購入すると500円引き!

値段的に手頃な値段なのは嬉しいですね。今はこの価格帯でも同じような 性能のスピーカーは売ってるけど、2台繋げてステレオで聞けるのはこれだけじゃないかな

開封の儀!

まずは、内容物の確認から。 omaker m6 bluetoothスピーカーを買うからにはもちろん2個買ってます。

f:id:tomism126:20170416234034j:plain

ほかにはmicroUSB充電ケーブル、AUXで接続する用のコード、カラナビ、ストラップ紐が 一緒に入っています。

f:id:tomism126:20170416235853j:plain

あとは、説明書。

・・・とここでよく確認してみるよと

まず説明書が片方にしか入っていない・・・・。

そして本体・・・・1つは表面にOMAKERの文字裏は無地で棒の様なモノ もう一つには、表も裏も無地の棒の様なモノが貼り付いてるーーー!!

これは2個頼んだらってことじゃないよね? 2個頼んだら説明書は1つ、本体もOMAKERと書いてあるのは1つ・・・

違うよね・・・・?

※2台とも裏返してみた画像

f:id:tomism126:20170417002249j:plain

返品交換と思ったけど、音は普通に聞こえるし、Amazonって返品とか面倒くさそう・・・。 TWS機能も普通に使えているので、今回はこのまま使おうと思います。

設定方法

電源ボタンを2秒間長押しすると電源が入り、LEDライトが点滅します。

周辺のBluetooth対応機器にomaker m6が表示されるので、選択すればペアリング出来ます。

f:id:tomism126:20170417020216j:plain

続いてTWS機能を使うには、2台のスピーカーの電源を入れれば自動で2台ともペアリングされるので 簡単にステレオサウンドに!

iPadminiに接続

macbookproで接続チェックしてみましたが、MacBook Proを使っていない時や ベットに横になりながらダラダラ音楽をかけたいときなどは、MacBook Proだとちょっと不便

以前先輩の家に転がっていた、何世代iPadminiか良くわからないiPad miniを1,000円で買っていたので、 それを音楽再生専用機として活用。

嬉しい誤算?ですが、iPadminiで接続すると、残りのバッテリー残量が表示されます。

f:id:tomism126:20170417021534j:plain

100%となっているのが、iPad mini本体のバッテリー残量。 その左横に表示されているのがスピーカーのバッテリー残量です。

omaker m6 の外観チェック

このクラスのBluetoothスピーカーの中で特段小さいわけではないですが、 このスピーカーもコンパクトで持ち運びにも便利ですし、部屋の中でも 場所を取りません。

iPhone7と並べて見た図

f:id:tomism126:20170417222520j:plain

本体の上には、左から音量調整ボタン。再生と一旦停止ボタン。Bluetooth接続ボタン。電源ボタン一番右端にはストラップやカラナビがつけれるようになっています。

f:id:tomism126:20170417022012j:plain

ひっくり返して裏面には、ゴムのすべり止め。

f:id:tomism126:20170417022601j:plain

左側面には、microUSBとAUXの差込口。 防水キャップでが入らないようになっています。

f:id:tomism126:20170417022913j:plain

f:id:tomism126:20170417022800j:plain

さっそくお風呂でも使ってみました。

f:id:tomism126:20170417024732j:plain

まとめ

今回omaker m6 bluetoothスピーカーと迷ったのは Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker IIです。

知り合いの家で流れてくる音量と音質がとても、小さなBluetoothスピーカー から流れてくるモノではなく、感動してほしくなりましたが、 色々調べているうちに今回のomaker M6にたどり着きました。

実際音の良し悪しを細かくわかるほど繊細な耳はしていませんが、 omaker M6を買ってよかったと思います。 少し離して2台を置いているので、臨場感というか、音の立体感はすごく感じます。

何よりも23,760円するBOSEに比べて、今回は2台で7,460円! 三分の一以下でこの音であれば、まったく問題ないと思います!

本当なら音の違いなども動画などでみなさんに聞いてもらいたいんですが・・・・ ぼくは映像の作り方とかよくわからないので、以前書いた記事にも載せたけど このスピーカーを紹介しているyoutubeを参考にして下さい!


マジでオススメします!OMAKER Blutoothスピーカー 車いじりでも使える!

買って後悔しないものだと思いますよ!

www.gadgetocool.com

ちなみですが、ぼくはこのスピーカーが来てから、この番組をずーっと流してます。


Lofi Hip Hop 24/7 🎧 Chill Study Beats Radio

だいぶ出来る男の部屋になってきましたよ! 女の子!いつきてもいいよ!

ほんなら!


ガジェットランキング

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村