ガジェッto cool!

ガジェット好きのぼくの日記

Anker ウルトラスリム Bluetoothキーボード  レビュー

f:id:tomism126:20170418001438j:plain

ガジェット好きなぼくが今回手に入れたものは!

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

ぼくがBluetoothキーボードを買った理由!

ぼくは、長年ウインドウズを使っていましたが、今年の1月にとうとうMacデビューを果たしました。

時を同じくして、プレステーション4もやりたかったこともあり、iiyamaの24.8インチモニターも購入しており、デスクを購入したらiiyamaのモニターをメインで使いたかったのです。

今回モニターで文字を打つにあたって、MacBookproのキーボードではなく、外付けのキーボードが欲しかったのです。

www.gadgetocool.com

先日書いたBluetoothスピーカーOMAKER M6に関してもそうですが、出来る男の部屋にコード類は必要ないのです!なるべくシンプルにするのです。

ということで今回Bluetoothキーボードを購入しました。

Anker ウルトラスリム Bluetoothキーボードを選んだ理由!

①値段が安かった。1,899円。

Mac純正のマジックキーボードが欲しかったんですが、いかんせん価格が・・・・10,800円・・・。Amazonで何か良いキーボードがないか探していたら見つけたのがこのキーボードだったんです。Ankerだけに安価(アンカ)だったの!

失敗しても良いやという価格なのは気軽に買えて良いですよね。

②信頼のAnker製

Ankerは元Googleの元社員が立ち上げたブランドで、有名なのはモバイルバッテリーですかね。 よくよく考えてみると、Anker製品持ってなかったかも・・・・。 なぜぼくはAnker製品に信頼を寄せているか不明ですが、Ankerなら大丈夫だろうという気持ちを持っています。

③パット見・・・Macの純正キーボードだよね・・・これ

見た目がシンプルで嬉しいんですが、何よりもMacのマジックキーボードにそっくりです・・・・、 それだけで選んだわけではないですが、かなりそっくり・・・・。

これがMac純正マジックキーボード

f:id:tomism126:20170418003209j:plain

そしてこちらが、Anker ウルトラスリム Bluetoothキーボード

f:id:tomism126:20170418003943j:plain

よく見ると違うけど、パット見は間違えそうな感じ・・・・。

開封の儀! 外見をチェック!

Mac純正のマジックキーボードに似ているAnker製のキーボードですが、 すこし細かく外見チェックしていきましょう。

まずは箱を開けるところから

f:id:tomism126:20170418004523j:plain

箱は別に安っぽい感じではなく、シンプルで良い感じ。

f:id:tomism126:20170418004645j:plain

箱から出すと、包装されたキーボードが

f:id:tomism126:20170418004750j:plain

比較対象のiPhone7

f:id:tomism126:20170418004834j:plain

HAPPY?

YES! アイムハッピー!

f:id:tomism126:20170418004941j:plain

ひっくり返すと、少しチャッチさというか、安っぽさが出てきちゃいますね。 ここは本家純正Macのキーボードには勝てないかな・・・。

f:id:tomism126:20170418005047j:plain

横から見ても、あまりかっこ良い横顔ではないですね。 まぁ、基本正面の文字盤の所しか見えないので大丈夫だと思いますが。

キーボードの電源は?!

Macで今売っているマジックキーボード2は充電式のキーボードになりますが、 こちらのAnkerキーボードは単4を2本使用します。

f:id:tomism126:20170418010814j:plain

ぼく的にはここが一番不満!充電式にしてほしかった! まぁ、1,899円なので文句は言えません。

キーボードの打ちやすさは?

これも、人によるとは思いますが、ぼくは大満足です。 MacBookproのキーボードに比べると打ちやすいです。

打ち込んでる感もあるし、普通のキーボードとして使うのに不満はない打ちやすさですよ!

Anker ウルトラスリム Bluetoothキーボードの残念なところ!

キーボードの配列がUS配列のみです。 これは正直慣れるしかないと思います。

ちなみにぼくはMacBookproもUS配列なので、そこまで戸惑いはありませんでした。 ただ、英字と日本語を変えるのに、Control+スペースを同時押ししないといけないので、 これが少しめんどくさいかもしれません。

まとめ!

US配列のみというところが、ネックになる人はいると思いますが、1,899円でこのキーボードなら全然有り!ウルトラスリムという名前からも分かる通り、スリムで軽くて持ち運びには便利だと思います。

ぼくはXperiaTablet Z4と純正のキーボードセットを持っているので、

f:id:tomism126:20170418011948j:plainf:id:tomism126:20170418011820j:plain

このキーボードを外に持っていってタイピングすることはないと思いますが、ipadなんか持ってる人にはおすすめです。

外出先でのタイピングが捗ること間違えなし!

以上なり〜!


ガジェットランキング

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村