ガジェッto cool!

ガジェット好きのぼくの日記

【500円プラン】実際にLINEモバイルを申し込みしてみた。

f:id:tomism126:20170609014918j:plain

今回申し込んだプランは、LINEモバイルのプランの中でも最安値となる500円のLINEフリープラン。1GBのデータ容量もついて、LINEアプリのビデオ通話までカウントフリーになるお得なsimです!1GB超えると200Kbpsの低速モードになりますが、カウントフリー対象は高速データ通信のまま!

LINEモバイルの契約の仕方

今回申込んだのは、LINEフリープランです。このプランはデータ通信専用のプランになるので、通話機能がついたsimを契約するよりも簡単に契約することが出来ます。

今回はスマートフォンから申し込みをおこなってみました。

プラン選択⇒お客様情報入力⇒本人確認⇒支払方法選択⇒ログインIDパスワード設定

以上の流れになりますので、順を追って説明していきたいと思います。

f:id:tomism126:20170610024057j:plain

 

 

①公式サイトのトップ画面から申し込みをスタート

申込みはこちら⇒LINEモバイル公式サイト

 

f:id:tomism126:20170610022652j:plain

 

②申込みに必要なもの

f:id:tomism126:20170610023941j:plain

 

【本人確認書類】

ぼくは運転免許証を使いましたが、免許をお持ちで無い方は公式サイトで自分が持っている本人確認書類を用意して下さい。

本人確認書類の一覧確認ページ

mobile.line.me

 

【クレジットカード】

申込みの時点ではクレジットカードとなっていますが、LINEモバイルはLINEPayカードでの支払いも可能なので、クレジットカードを持っていな人でも契約することが可能です。

LINEPayというのは、事前にチャージする電子マネーカードで、残高分しか使うことが出来ません。JCB加盟店3000万店舗でも使えます。クレジットカードを持っていない人は、こちらのカードを手に入れることで、LINEモバイルを使うことができます。

格安sim会社でクレジットカード無しでも契約できるのは、ほぼ唯一LINEモバイルだけなので、クレジットカードを持っていない方にもおすすめのsimです。

LINEPayについてはこちら

line.me

【メールアドレス】

申し込みの案内などがメールで送られて来るので、確認することが出来るメールアドレスを用意しておいて下さい。

今回はデータ専用simの申し込みですが、MNPで他の携帯会社からLINEモバイルに乗り換えて来る方は、乗り換え前の携帯会社メールアドレスを使用しないように注意して下さい。gmailなどのフリーメールアドレスで大丈夫なので携帯会社以外のメールアドレスが無い方に関しては事前の確認を行って下さい。

 

【MNP予約番号】

音声通話が必要で他社から乗り換えの方に関しては、MNP予約番号が必要になりますが、私は今回データ専用プランで新規契約してるので必要ありませんでした。

必要な方は、今ご自身で契約している会社でMNP予約番号の発行をしておいて下さい。

 ※MNPでLINEモバイルに乗り換える方は注意点として、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があるので注意して下さい。

 

 

f:id:tomism126:20170611220258j:plain

LINEモバイル申込時に必要なものが揃ったら、申し込みが画面の下へスクロールしていき、上記事項に同意のうえ申し込みを選択して下さい。

 

③エントリーコードの選択

f:id:tomism126:20170611220633j:plain

 16桁のエントリーコードを持っている方はコードを使用してるの申し込みを選択。持っていない方通常申し込みかを選択して次の進むをクリックして下さい。

 

④申し込み内容選択

f:id:tomism126:20170611224356j:plain

同時に端末も購入する人はここで「端末+SIMカード」を選択、SIMカードのみの契約の人は「SIMカードのみ」を選択してください。

 

下にスクロールすると、申し込みをする「プラン選択」が出てくるので、希望のプランを選択。

f:id:tomism126:20170611224813j:plain

 

今回は、月500円で使えるLINEフリープランを選択、サービスタイプに関しては、3種類から選択することができますが、SMSも音声通話も付いていないデータを選択します。

 

f:id:tomism126:20170611225024j:plain

 

続いて「simサイズ選択」simだけで申し込む人は、既に使っているスマホがあると思いますが、そのスマホのsimサイズを間違えないように選んで下さい。simサイズを間違えるとサイズ変更手数料で3000円取られてしまします。

simサイズを小さく出来るシムカッターという商品もありますが、これは失敗のリスクもあります・・・。

 

www.gadgetocool.com

 

 

f:id:tomism126:20170611225423j:plain

 

オプションで持込端末保証が1ヶ月500円でつけれますので、必要な方はここで選択してください。申込時にしか加入することが出来ないので注意してください。

 

申し込み内容の選択をすべて終えると、かかる費用が出てくるので、そこもよく確認してください。

ぼくの場合は、初期費用として登録事務手数料3000円とSIMカード発行手数料400円の合計3400円が申し込みでかかる初期費用になります。毎月の料金は500円+ユニバーサルサービス料の2円、毎月502円でLINEモバイルが利用出来ることになります。

以上で申し込み内容の選択は終了です。

 

⑤お客様情報入力

申し込み内容選択を行い、次に進むを選択すると、お客様情報の入力画面になります。 

 

f:id:tomism126:20170611230344j:plain

 

⑥本人確認書類のアップロード

名前や住所など、必要事項を記入し、次に進むとメールアドレスの確認画面になるので、自分のメールアドレスを登録すると、メールで本人確認書類アップロードURLが送られて来ます。

f:id:tomism126:20170611231309j:plain

 

送られてきたメールはこちら

f:id:tomism126:20170611231643j:plain

 

黒く塗りつぶしてある部分に、本人確認書類アップロードURLがあるので、クリックして下さい。本人確認書類の中から、自分自身がもっている確認書類を選択して、写真をアップロードしてください。

f:id:tomism126:20170611232100j:plain

 

⑦支払い方法の選択

支払い方法の選択ですが、LINEモバイルではLINEPayでの支払いが可能です。先払いのプリペイド式カードで、LINEPayがあればクレジットカードを持っていな人でもLINEモバイルが契約出来ます。

クレジットカードかLINEPayのどちらかで支払い方法の選択をして下さい。

f:id:tomism126:20170611232908j:plain

 

⑧ログイン設定

ログインIDとパスワードの設定が必要になるので、この画面で設定を行って下さい。

f:id:tomism126:20170611233329j:plain

 

⑨最終確認

申し込み内容の確認を行って下さい。申し込み内容に間違えないようであれば、申し込みをクリックすると申し込み完了になります。

f:id:tomism126:20170611233814j:plain

 

 契約申し込みまとめ

文章で書くと大変そうに見えますが、やってみると意外と簡単です。10分もかからず申し込みが完了しました。

今回はデータ専用simでの申し込みをしたので、MNPや通話機能をつけた場合にはもう少しやることが増えると思います。

500円LINEフリープランのススメ 

ぼくが使っているスマホはHUAWEIのMate9というスマホなんですが、DSDS対応機種で、simを2枚入れることが出来ます。

1枚はdocomoのsimを入れていて、2枚目としてLINEモバイルを契約してみました。理由としては、LINEビデオ通話を毎日のように使うからです。毎日2〜3時間は先輩とLINEビデオ通話をするので、LINEビデオ通話もカウントフリーになるLINEモバイルを選びました。普段はdocomo、LINEビデオ通話をする時はLINEモバイル。そんな使い方であれば500円で維持できるLINEモバイルは最強だと思います。

  • とにかく安くsimを契約したい。
  • LINE通話・LINEビデオ通話をよく使う。
  • クレジットカードを持っていない(持つことが出来ない)

そんな方にオススメのsimになります。LINEMUSICを常に流している方なんかにとっても、LINEモバイルはおすすめですね。

今回はLINEフリープランでの契約申し込み方法の流れを説明してみましたが、他のプランもLINEモバイルならではのお得なプランがあります。先日書いたこちらの記事も参考にしてみて下さい。

 

www.gadgetocool.com

 

最低維持費500円からのLINEモバイル申し込みはこちらから

 

 


ガジェットランキング

 

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村