ガジェッto cool!

ガジェット好きのぼくの日記

モトブログにオススメのカメラとは?バイクに乗って動画を撮りたい!

     f:id:tomism126:20170720003443j:plain

徒歩や、車であれば大きなカメラでも問題はないですが、バイクで動画を撮ろうとすると、カメラ本体の大きさがいかに小さいかが重要になってくると思います。今回アクションカムを購入しようと思い、バイクに向いているカメラを調べて見ました。

 

 

 

アクションカムでモトブログをやりたい!

motovlogとは、バイクにカメラを付けて喋りながら撮影した動画の事です。GoProが登場して、気軽にバイクやヘルメットに付けて撮影することができるようになり、気軽にモトブログをやる人も増えたと思います。

喋るのが上手い人のモトブログも面白いですが、喋らずバイクに乗って風景を撮影しただけの動画でも、見てるだけでツーリングに行った気分になるので面白いですよ。

今まで見るだけだったんですが、今回新しいバイクを購入したのを機にぼくもモトブログにチャレンジしてみたいと思い、カメラを調べて見ました。

 

モトブログ向けのおすすめアクションカムは?

          f:id:tomism126:20170713011620j:plain

モトブログ用アクションカム選ぶのに重要なポイント

  1. 小型である事(ヘルメットマウントするつもりなので、重いと首が疲れる・・・)
  2. 手ブレ補正が付いている事(結構ゆれるので、ブレた映像だと酔いますよね・・)
  3. 外部マイクを使えること(カメラ本体のマイクだと風切音で声が聴こえない・・・)
  4. 給電しながら撮影出来ること(替えのバッテリーを何個も買いたくない)

車の車載と違い、モトブログの場合にはバイクなので基本的に外に出した過酷な状態で撮影を行います。本体の丈夫さはもちろん必須ですが、本体に防水機能も付いていれば嬉しい機能ですね。

 

 

 

ぼくが迷っているアクションカム3台

①GoPro HERO5 black

           

カメラに詳しくないぼくのような人間にとって、アクションカム全体の事をGoProと言ってしまうほど、アクションカムと言えばGoProが認知されいていると思います。

HERO4シリーズから2年の時を経て発売した現行モデル

特徴

  • 4K動画対応
  • 電源スイッチオンで自動撮影開始
  • 電子式ブレ補正機能
  • 本体に防水性能
  • 背面の液晶がタッチパネル
  • 外部パーツが豊富

 HERO4からの進化として、本体のみの防水機能と、自動手ぶれ補正機能が追加されたのは大きなメリットだと思います。

サードパーティーから出ているパーツに関しても、GoProをベースに考えられているものが多くて、色々選び放題なのもGoProの大きなメリットといえるでしょう。

 

デメリット

外部マイク入力のアダプターがでかい!

モトブログをするにあたっては、外部マイクが必須になると思いますが、外部マイク入力を行うのに、専用のアダプターが必要で、これがまた大きい・・・・。

ヘルメットにセットするので、周辺機器もなるべく少なく・小さい方が当然良いと思います。このアダプターを使わないといけないのは結構大きなデメリットですね・・・。

このコードも折り曲げてセットすることになりそうだし、断線する可能性も大きそうですよね〜

←以前の

 

HERO4まではこのアダプターでしたが、5からはUSBがtypeCになった事で、異様にごっつくなってしまいました。これはヘルメットにつける上で大きなマイナスポイントだと思います。

 

←HERO5のアダプター

 

参考動画です。すごくわかりやすいので参考にして下さい。

www.youtube.com

 

 

 

 

②SONY FDR-FDR-X3000/X3000R

           

SONYのアクションカムがある事は以前から知ってはいたんですが、調べてみるとかなり魅力的な製品でした。現行モデルで、4k動画も撮影できる最上機種になります。なによりも、SONYのX3000が素晴らしいのは、手ブレ補正機能です。歩いて撮影する場合にもブレがかなり低減されます。

特徴

  • 空間光学手ブレ補正がすごい
  • 画面が別体、ライブビューリモコン
  • フィンガーグリップ
  • 外部マイク入力にアダプターは不要

 

 

GoPro HERO5にも手ぶれ補正は付いてますが、SONYの空間光学手ブレ補正はもうワンランクレベルが上で、バイクのヘルメットという不安定な場所につけるので、手ブレ機能が優秀にこしたことはないと思います。

別体のライブビューリモコンにモニターが付いているので、セルカ棒を付けて高い位置から撮影した場合、ヘルメットに付けている場合なども付属の腕時計型アタッチメントにつければ、今撮れている映像が確認できるのは良いですね!

あとフィンガーグリップ!これはいいですね。バイクを降りてからもビデオカメラのように動画を撮影することが出来ます。

          

     f:id:tomism126:20170717162715j:plain

 

 

デメリット

 これと言って、デメリットは無いように感じます。しいて言えば、GoProより長さがあるので、ヘルメットにつけた場合にはかさばる・・・ぐらいかな?

ネットで調べているとGoProに比べて衝撃に弱いと言っている人が多いですね。モトブログの場合には、走りながら撮影するのでGoProにしろX3000にしろ、走行中に落としたら終わりだとは思いますが・・・・。

 

参考動画

    

www.youtube.com

    www.youtube.com

③ MUSON MC2black

           

そもそもモトブログを始めたいと思ったキッカケは、このMC2をAmazonで見つけてしまったからです。2017年7月現在の値段は8,680円です。4Kも撮影できます。良くも悪くもGoProにそっくり・・・・。

 

特徴

  • 何よりも安い・・・・。
  • 付属品(アタッチメント)が沢山ついてくる
  • 4K動画も撮れる

デメリット

値段が安くて、取り敢えずこれを買ってみようと最初は思っていたんですが、ぼく的には不満な点が何点かありました。

microSDカードが最大で32GBまでしか対応していない事、そもそも外部マイク入力が出来ない事。このカメラ意外と画質はキレイに撮れるようなんですが、音声がとにかく悪いらしく、なおかつ風を切って走るモトブログをやる上で、声をまともにとれないのは困ると思ったからです。GoProもSONYのX3000も元々ついているマイクであれば、キレイに音声を拾うのは難しいですが、外部マイクを接続すればかなりクリアに声を拾うことが出来ます。

参考動画

www.youtube.com

 

 それぞれの機能比較&価格比較

分かりやすく特徴を比べて見ましたが、MC2blackも値段の割には検討していると思います。やはり致命的になのは、外部マイク入力が出来ない事・・・・・。

まずぼくの中でMC2blackが脱落

 

  GoPro HERO5 black SONY x3000r MUSON MC2 black
4K動画
手ぶれ補正機能 電子式ブレ補正機能  空間光学ブレ補正      ☓
防水機能   本体のみで10m防水 本体のみでIPX4相当の防滴 ハウジング必須
モニター   2インチ背面モニター    別体モニター 2インチ背面モニター
給電撮影       ◯      ◯      ◯
外部マイク   ◯【アダプターが必要】      ◯      ☓
価格      41,078円 X3000は48,483円/X3000rは63,063円    8,680円

※X3000rはライブリモコンビューセットモデル

 

 

 GoPro HERO5  VS SONY X3000

ぼくの中で、GoProとSONY X3000の2機種に絞られました。

正直なところ、デザイン・背面モニター・アクションカムならGoProで間違いないだろうという先入観からGoProに決まりかけたんですが、実際にモトブログをやっている人達の検証動画を見漁った所、GoPro HERO5の欠点を見つけてしまいました。

ぼくが好きなモトブロガー ノンアルコールライダーさんの検証動画です。

     
モトブログに最適なGoProは「HERO4シルバー」に俺の中で決定

 

この動画を見ると、HERO5の 欠点として本体マイクの音質の悪さが挙げられています。結果からいうと、ノンアルコールライダーさんはHERO5よりもHERO4がモトブログにはオススメという結論を出していました。

ぼくも気になって調べて見たんですが、なんとHERO4は最新機種のHERO5よりも値段が高い!

要は、世間の人たちもHERO5よりもHERO4の方が良いという結果を出していると言うことです。

 

             

Amazonでの現在の値段が、HERO5は41,078円に対して、HERO4は59,800円と2万円近く旧機種の方が高くなってしまっています・・・。

音が問題なら外部入力マイクを使えば良いと思ったんですが、先程もお伝えしたデカすぎるアダプターが本当邪魔&高いのは、モトブログをやる上でかなりのマイナスポイントになってしまいました。↓5,980円もする・・・・。

 

              

まとめ

結果として、ぼくが選んだのはSONYのアクションカムX3000rです。

  • 手ぶれ補正が優れている点
  • 外部マイク入力が簡単にできる点
  • 歩いて撮影する時に活躍しそうなフィンガーグリップ

このあたりが自分的には決め手になりました。

 

値段的には6万円を超えてしまったんですが、色々な人の動画を見ていると、ぼくに会っているのは、X3000rだったと思います。

今回色々と動画を見ていて気がついたのが、GoProを使ってモトブログをやっている人の動画を見ると酔ってしまったんですが、X3000を使っている人の動画を見ても酔うことが無かったのが最大の理由だったかもしれません。

 

X3000のレビューも近いうちにしていきたいと思います。

バイク動画撮影をしたいと思った人の参考になったかな・・・!?

 

 

 

 


ガジェットランキング

 

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村